読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままなつぶやき

気ままにその時その時に気になったことをつぶやきます。

別れの季節

私にとって3月は切ない別れの季節です。

3月は、当時勤めていた会社でひとまわりほど違うバツイチの男性との事を思い出します。

彼は営業マンで私は彼の補佐する仕事をしてました。

忙しい部署だったので、残業も多く一緒にいる時間がとても長かったので

仲良くなるには時間はかからない状況で、気がつけば彼の事が気になって仕方がなく

なってました。

名前を呼ばれただけでドキっとしたり。

知らず知らず、好きになってたんですね~。

仕事はキツかったですが、彼に会えるから頑張れました。

いつの頃からか、休日にも時々出かけるようになったりしましたが、私は「好き」という気持ちは伝えられずにいました。

手をつないだぬくもり、肩を抱かれた感触・・・ふっとした時に思い出されるくらい

私は彼の事が好きでした。

でも、KISSすら求めてこない彼。

都合のいい女で 下手に手は出さないんだなと、淋しい気持ちにもなってました。

でも一度だけ、「何にもしないから 休憩していこう・・・嫌か?」 と言った彼。

どう受け止めて良いのか、どう答えたら良いのかわからず、返事ができない私を見かねて彼は「冗談、冗談」と言って笑ってくれました。

そんな事のあった数日後、彼に転勤の辞令が出ました。

彼は遠い支店に転勤して行ってしまいました。

結局、想いを伝えることはできずでした。

今となっては、3月はこの切なく甘い片思いの頃を思い出す季節となってます。